左手の薬指

結婚指輪はなぜ左手の薬指にはめるのかというのには古代エジプトの伝承が関わってきているといわれています。左手の薬指から心臓に繋がる長い血管が一本通っていると信じされていたことに由来するそうです。

Read more

オーダーする

結婚指輪を購入する際にはデザインをフルオーダーすることも出来ます。これは大体一週間から一ヶ月ほど時間を要しますが、自分の希望にあったピッタリの結婚指輪を作成することができます。

Read more

品の良い指輪

オススメリンク

結婚指輪とは

最近ではほとんどの方が結婚指輪を購入するといいます。しかし結婚指輪はどのようにして購入するのかは実際その時になってみなければわかりません。
結婚指輪を購入するときは一体どうすれば良いのかと悩む方も少なくは無いでしょう。
いざというときのために基本的な知識は知っておきたいものです。
そこで結婚指輪に関し基本的な事を説明します。

結婚指輪といえばお揃いのデザインという認識が大きいのではないでしょうか。実際同じデザインで製作するカップルも多いのですが、実際はデザインに決まりというものはありません。
二人の指輪のデザインが全然違うものでも結婚指輪にしてよいのです。
それでもやはりある程度はデザインを統一したいという方は多いようです。実際に購入された方であったパターンとしては二人の指輪を合わせることで1つの模様になるものや、女性の方の指輪には石が入っている、といったようなパターンも多くあります。
そしてデザインだけでなく、購入する店舗も別々で購入しても良いのです。しかし基本的には結婚指輪は高く、同じ店舗で購入した方がサービスや割引が聞いたりするので、購入の際には同じ店舗で購入するほうが良いともいえるでしょう。
実際に指輪を購入するといった時の支払いに関しては様々なパターンがあるようです。
二人で半分ずつ支払うということもあれば、二人で共有している貯金から支払いを行うといったパターンもあります。
これはパートナー同士で一番いい支払い方法を決めた方がよいといえるでしょう。
そして実際に購入し、指輪をはめるようになってから多い疑問が、常に付けていなければならないのかというものです。
これに関しては基本的には常につけている方が良いのですが、仕事の関係でその時だけ外すということはよくある話です。また男性の中では普段はあまりつけない、といった方も少なくないです。
手を洗う際も基本的につけたままの方が多いようです。理由としては何度も付け外しを行うと紛失してしまう恐れがあるからです。

結婚指輪には様々なデザインがあります。その中でも人気なのがストレートタイプです。実際つけるときには長くつけることになりますので、一番どのような服装にも合いやすいシンプルなものが好まれやすい傾向にあります。

結婚指輪の素材は金かプラチナが多いです。特にその指輪が重いほど純正であり、その価値は大きいと言われています。しかし、純正の金やプラチナはとても傷がつきやすいため、気をつけなければなりません。

結婚指輪は実はデザインに飽きたらリフォームを行うことが可能です。これは指輪を購入した店舗で依頼すると良いでしょう。しかし場合によっては難しい時もありますので、店舗側に相談するようにしましょう。

結婚指輪のデザインを選ぶときには指輪の表面の仕上げもしっかりと凝ることが出来ます。例えばミラーと呼ばれるものは最もスタンダードで光沢があり、キラキラと輝きます。マットと呼ばれるものは落ち着いた質感を表現します。